無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    武道館炎上♪
    0
       行ってきました、武道館!

      「桑田佳祐の音楽寅さんDVD発売記念 
      〜 DVD未収録映像炎上! これぞ蔵出し“巨大上映会” @武道館 〜」

      上映会メインだし、曲を披露するといっても4〜5曲かなぁと思っていたら、
      なんとなんと12曲も演奏!

      しかも武道館1万人全員が無料というのだから、なんと太っ腹なことでしょう。
      とにかく最高の夜でした。

      さらにさらに、ファンクラブ限定だからかセットリストがまぁ通好み(?)となっておりまして、
      もう私の好みにドンピシャはまりました。


       1.  今でも君を愛してる
       2.  DEAR MY FRIEND
       3.  しゃアない節
       4.  男達の挽歌エレジー
       5.  THE COMMON BLUES 〜月並みなブルース〜
       6.  東京
       7.  誰かの風の跡
       8.  黄昏たそがれのサマー・ホリデイ
       9.  ダーリン
      10. 君にサヨナラを
      11. HONKY JILL 〜69あいなめのブルース〜
      12. ROCK AND ROLL HERO


      特に!特にですよ!
      「THE COMMON BLUES 〜月並みなブルース〜」→「東京」の流れなんて、最高じゃないですか!?
      前からずっと聴きたかったんですよ、5曲目は。

      寅さんで何が一番残念かって、アンプラグド殺人事件の「THE COMMON BLUES 〜月並みなブルース〜」がカットされたことでしたから!
      (ちなみにDVDには収録されるらしいので、こちらはかなり期待大!)

      憧れの「ソロプレイ」も堪能できたし、もう言う事なし!

      11曲目はもちろんユースケ登場!
      これも当分(ってか永遠に!?)聴けないだろうから、しっかりと目に頭に焼きつけましたよ。

      あと、地味〜に7曲目でカースケさんがコンガを叩いてたのがすんごい珍しくて、
      この時だけは桑田さんよりカースケさんを見てたかも。

      生で初めて聴いた曲が4曲もあったし、
      「君にサヨナラを」を生演奏で初めて聴いたし、
      本当に密度の濃いサプライズライブでございました。


      開演前は全国のサザ友さんとお逢いでき、
      久々に逢う人、初めて逢う人など、これまた楽しい一時を過ごせました。
      ありがとうございます。
      とりあえず3/31のめざましテレビは必見ですね。

      めざましテレビといえば、今日のOAで・・・

      「来週、めざましテレビから桑田さんに関するビッグなニュースがございます!重大発表!」


      どぉええ〜〜!
      さらに重大発表ですか!?
      もしかして、スーパーフライの後は・・・!?!?なんて思ったりして。
      来週も目が離せませんね。

      さ〜て、年末のツアーはどこに参戦しようかなぁ〜♪
      | 熊野ハセ | ライブ | comments(2) | - | - | - |
      We're singin' and Acting Against AIDS
      0

         11/30と12/2、今年も桑田さんのAAAに参戦して参りました。

        桑田佳祐 Act Against AIDS 2009
        映画音楽寅さん
        チャラン・ポランスキー 監督・脚本・主演
        「男はしたいよ」

        では感想でも書きたいと思います。
        まずはセットリストから。
        (曲名/映画名/上映年となってます)


        01.The Sound of Music(サウンド・オブ・ミュージック)1965年
        02.MOON RIVER(ティファニーで朝食を)1961年
        03.THE SOUNDS OF SILENCE(卒業)1968年
        04.MELODY FAIR(小さな恋のメロディ)1971年
        05.EVERYBODY'S TALKIN'(真夜中のカーボーイ)1969年
        06.RAINDROPS KEEP FALLIN' ON MY HEAD(明日に向かって撃て!)1970年
        07.FOOTLOOSE(フットルース)1984年
        08.EYE OF THE TIGER(ロッキー3)1982年
        09.WHAT A FEELING(フラッシュダンス)1983年
        10.UP WHERE WE BELONG(愛と青春の旅だち)1982年
        11.ゴンドラの唄(生きる)1952年
        12.嵐を呼ぶ男(嵐を呼ぶ男)1957年
        13.セーラー服と機関銃(セーラー服と機関銃)1981年
        14.いつでも夢を(いつでも夢を)1963年
        15.蒲田行進曲(蒲田行進曲)1982年
        16.SMILE(モダン・タイムス)1938年
        17.DAYS OF WINE AND ROSES(酒とバラの日々)1963年
        18.Cry Me A River(女はそれを我慢できない)1957年
        19.Tea For Two(二人でお茶を)1952年
        20.Love Is A Many Splendored Thing(慕情)1955年
        21.FROM RUSSIA WITH LOVE(007 ロシアより愛をこめて)1964年
        22.GOLDFINGER(007 ゴールドフィンガー)1965年
        23.LIVE AND LET DIE(007 死ぬのは奴らだ)1973年
        24.The Sound of Music(サウンド オブ ミュージック)1965年
        25.MY FAVORITE THINGS(サウンド オブ ミュージック)1965年
        26.チム・チム・チェリー(メリーポピンズ)1965年
        27.星に願いを(ピノキオ)1952年
        28.男はつらいよ(男はつらいよ)1969年〜1995年
        29.UNCHAINED MELODY(ゴースト ニューヨークの幻)1990年
        30.GHOSTBUSTERS(ゴーストバスターズ)1984年
        31.THE POWER OF LOVE(バック・トゥ・ザ・フューチャー)1985年
        32.THE HEAT IS ON(ビバリーヒルズ・コップ)1985年
        33.BORN TO BE WILD(イージー・ライダー)1970年
        34.THE WAY WE WERE(追憶)1974年
        35.She(ノッティングヒルの恋人)1999年
        36.愛のテーマ(ゴッドファーザー PARTI)1972年
        37.SINGIN' IN THE RAIN(雨に唄えば)1953年


        アンコール
        01.OVER THE RAINBOW(オズの魔法使)1954年
        02.20th century boy(20世紀少年)2008年〜2009年
        03.あの素晴らしい愛をもう一度(パッチギ!)2005年
        04.What A Wonderful World(グッドモーニング、ベトナム)1988年


        営業
        01.君にサヨナラを


        歌・演奏・ダンス・演技・映像・照明・特効・・・
        笑いあり・涙あり・AIDSについての啓蒙ありの演出・・・
        本当に着工2週間ですか!?
        歌はもちろんのこと、ステージに合わせて細かな演技をする桑田さんの動きや表情がこれまた凄い。
        まさに最高のエンターテインメントショーでした。


         

        今までのAAAの中で、これほどまでに多彩なジャンルの歌を歌ったのは初めてではないでしょうか。
        さらには豪華ミュージシャンの方々。
        オーケストラを従えての演奏は壮大そのもの!


        セットリストの中にある映画、、、「20世紀少年」しか観た事ないです。
        でも全42曲中、初耳なのは9曲だけでした。
        実際に映画館で映画観る時って、主題歌なんて軽く聞き流す程度でしたが、
        今回のライブで歌詞を見てみると、その映画の世界観をピタリと表しているような気がして、
        改めて映画音楽というものの重要性を認識しました。
        会場では英語詞の和訳も映っていたので、例えば「She」なんて感極まって鳥肌ゾクゾクでした。


        前半の盛り上がりはやはり「いつでも夢を」でしたね。
        ・・・桑田さんとビヨンセの夢のデュエット!
        ではなく、まさかの渡辺直美さんの登場で、一気に会場が沸きましたね。
        もちろんデュエットと言っても口パク、歌は原さんの声でしたね。
        さらには、お決まりのネタと桑田さんのツッコミに、会場大爆笑でした。


        16〜20曲目はJAZZパート。
        島健さんも登場し、96年の「夷撫悶汰レイト・ショー」のような雰囲気。
        昔だったら、ジャズとか聞いても退屈で退屈で、
        当時はぶっちゃけ夷撫悶汰のビデオを観ながら寝てしまったわけですが、
        この年になったせいか、今回のジャズ部分はとっても気持ち良かったです。
        にしても桑田さんの声はJAZZの世界にピッタリはまりますね。
        特に「Cry Me A River」がお気に入りです。


        21〜23曲目は007シリーズより。
        特にポールマッカートニーの「LIVE AND LET DIE」は原曲が好きなので大興奮!
        席も前の方だったので、特効の炎も熱かったなぁ〜。
        さらに「GOLDFINGER」のラストは圧巻。
        36曲目の「愛のテーマ」のラストも同じく圧巻!
        あんな高音で叫び続ける桑田さん、ビリビリ肌で圧を感じました。


        25曲目の「MY FAVORITE THINGS」は、あんな難しい曲を七色の声で歌い分ける桑田さんは凄すぎです!
        26曲目の「チム・チム・チェリー」では原さん登場!
        「メリーポピンズ」ってどんな映画かなとネットで調べたら、もう原さんにピッタリの役ですね。


        30〜からのノリノリゾーンに続いて、34〜35はしっとり聴かせます。
        35曲目の「She」は、さっきも書いたけど意味を考えながら聴くと・・・みんな泣いちゃうね。


        36曲目の「愛のテーマ」。
        メロディは知ってたけど、あんな意味の歌詞だったんですね。
        なんか不気味なイメージを勝手に抱いてましたが、ものすごい感動的な歌。
        そこに渾身の力で歌い上げる桑田さん、今回一番の感動ポイントでした。


        本編ラスト「SINGIN' IN THE RAIN」では、新聞にも載った通り「フライング決行!」。
        初日観た時は、「落ちやしないか」とハラハラドキドキで観てました。


        こっからアンコール!
        来たぁー!「20th century boy」!!
        もう大好き♪
        04年のAAAでT.Rex歌ってるから、今回はないかなぁと思ってたんですが、
        本当に聴けて良かった!
        この曲でも桑田さんにエレキギター弾いて欲しかったなぁ〜。


        アンコール4曲でチャリティは終了。
        こっからは営業活動です。
        というわけで、9日発売の桑田さんの新曲をカラオケで初披露。
        初日の特権で、誰よりも先に生歌が聴けて幸せでした。



        正直、去年の「一人紅白」が凄すぎたので、去年には敵わないだろうなぁと思ってたのですが、
        とんでもない!
        今年も期待を裏切らず、もうとにかく素晴らしいライブでした。


        でもやはりチャリティですから。
        桑田さんも言ってますが、早くこのAAAというイベントがなくなるような世界に、そして日本になってほしいです。


        以上、長文失礼しました。

        | 熊野ハセ | ライブ | comments(0) | - | - | - |
        SLS2009ァー禺蝓メンバーのブログ
        0

          SWEET LOVE SHOWER 2009の番外編として、30日の出演者やらメンバーやらのブログなどをまとめました。

          桑田さんとの絡みの感想もたくさん出てきますよ〜。


          【かりゆし58】
          http://www.mbga.jp/.pc/_dia_view?d=604155496


          monobright
          http://blog.amuse.co.jp/monobright/p/item/14715
          桑田さんとの写真付き

          http://blog.amuse.co.jp/monobright/p/item/14716
          亀田さんとの写真付き


          lego big morl
          http://blog.legobigmorl.jp/2009/09/post-8dca.html


          NICO Touches the Walls
          http://blog.livedoor.jp/nicoandtatsuya/archives/51610647.html
          桑田さんを敬愛するボーカル光村さんのブログ


          TOKYO No.1 SOUL SET
          http://www.t1ss.net/blog/index.html


          【東京スカパラダイスオーケストラ】
          http://www.tokyoska.net/staff/
          スタッフブログです


          【佐橋佳幸】
          http://www.habanerovoice.com/voice/diaryfol/diary_today.html


          【安奈陽子】
          http://annayoko.blog83.fc2.com/blog-entry-23.html


          【村石有香】
          http://www.yuka-v.com/slog.php?id=246


          【佐々木久美】
          http://plaza.rakuten.co.jp/kumi0093/diary/20090831/
          舞台裏レポート満載です



          特にNICO Touches the Wallsのボーカル光村さんは、かなり桑田さんファンみたいです。
          ↓のインタビューでは、桑田さんやサザンについて少し語っています。

          http://music.blog.so-net.ne.jp/brandnew08_028

          http://www.excite.co.jp/music/close_up/0806_nicotouchesthewalls?c=interview

          さらにさらに、今年の音霊ライブでは、サザンの「夏をあきらめて」をカバーしてたみたいです!

          しかもこのライブでは、私が好きなバンド「椿屋四重奏」のボーカル・中田さんまでもがサザンの「いとしのエリー」をカバーしていたらしいではないですか!?

          これは凄い・・聴きたかったなぁ〜。

          以上、お暇な人はそれぞれの日記、そして各アーティストの曲を聴いてみて下さいね!

          | 熊野ハセ | ライブ | comments(0) | - | - | - |
          SLS2009ぁ〃田さん!
          0
             そしてイントロが流れ出しました。

            いきなりの空を切っ裂くようなギターの音色!

            いつもは後半の盛り上げゾーンの定番曲!

            しょっぱなから「ROCK AND ROLL HERO」をぶちまかしてくるとは!!

            しかも・・・しかも・・・すごいです。

            桑田さんが出る数十分前から雨はピタリと止んでいたんです。

            しかし、イントロが流れ、桑田さんが登場し、歌い出すや否や・・・土砂降りの雨!

            音楽の神様は“雨”という演出が大好きなようです。

            でも雨なんて関係なく、びしょ濡れになりながら盛り上がりました!

            (ちなみに雨は2曲目くらいから止んできたので、ちょっと安心。)


            さらに「スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)」「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」と盛り上げ曲3連続。

            けっこう前の列で観てましたが、身長高い私でもステージが全然見えないくらいみんな飛び跳ねていました。


            MCをはさみ、去年のバラード3連続を意識するかのような、新・バラード3連続!

            「海」「栞のテーマ」「Oh!クラウディア」

            波音のBGMが流れた時、てっきり「真夏の果実」かと思いましたが、まさかの「海」に大感激。

            個人的に、「真夏の果実」じゃなくて良かったです。


            さらに、夏に似合わぬ“ベル”の音から「MERRY X'MAS IN SUMMER」スタート。


            そして・・・「愛しあってるかーい!」と桑田さん。

            出ました!RCサクセションの名曲「雨あがりの夜空に」のカバー!!!


            ちょうどこの日の中盤くらい、清志郎さんのスペシャでの軌跡を辿る特別映像が流れて、

            かなりウルウルしていた中でのこのサプライズ!


            ってか、桑田さんがこの曲歌うと、フリはもちろんのことエロさが倍増しますね。


            さらにさらに「雨あがりの夜空に」からのメドレーで、

            「ロックンロール・スーパーマン~Rock'n Roll Superman~」になだれ込みます。

            私、この曲の間奏で桑田さんがスライドギターを弾いてるのを観ると、むしょうに幸せを感じてしまいます。


            盛り上がりも止むことなく「波乗りジョニー」では、観客席ではこの日一番のジャンプジャンプジャンプ!

            そしてこの日最後の奇跡。夢人島の再来。

            この日の出演者を呼び込んでの「希望の轍」大合唱。

            若手と絡む桑田さん!「希望の轍」を大はしゃぎで歌う若手。


            「全てを楽しめ。最高の音楽体験。」

            このSWEET LOVE SHOWERの今年のコンセプトがギュッと詰まった一瞬を味わえた気がします。


            最後は桑田さんが持参(?)したという花火をみながら、最高の1日を終えました。

            バンドメンバー、選曲、すべてが“とんでもなかった”です。

            全然泣いてる間もないくらい、ずーっと楽し過ぎました。


            これだからライブはやめられないですね〜〜。

            というわけで、今度の「音楽寅さん」でこの模様は放送されるので、お見逃しなく!!
            | 熊野ハセ | ライブ | comments(0) | - | - | - |
            SLS2009 SUPER MUSIC TIGERS
            0
               3日間にわたって開催された「SWEET LOVE SHOWER 2009」。

              いよいよ大トリの「桑田佳祐 & SUPER MUSIC TIGERS」の登場です!


              そもそも“SUPER MUSIC TIGERS”って何?どんなバンド?

              あれ?いつもより楽器多くね?ドラム2セットって何!?

              と、舞台セッティング時からドキドキして待つこと数10分。

              いよいよメンバー登場です!


              第一の感想・・・

              メンバー多っ!!

              原さんも弘さんも、登場したの全然分かりませんでした。。

              東京スカパラダイスオーケストラの管楽器部隊もいたんですが・・ライブの途中まで全然気づきませんでした。

              メンバー見て真っ先に気づき、そして一気にテンション上がったのはベースの亀田誠治さん!

              亀田さんといえば、「東京事変」のベーシストとして有名ですし、

              ハラフウミの「夢を誓った木の下で」の編曲も担当していますよね。

              今まで数回桑田さんと共演してますが、

              いつか共演を生で観たいなぁと思っていたら、まさかこの日に実現するとは!!

              桑田さんが登場する前に、すでにテンション最高潮!


              そうこうして流れてくるイントロ・・・・・・


              って、メンバー登場だけで長文になってしまったので、いったんここで切ります。
              | 熊野ハセ | ライブ | comments(0) | - | - | - |
              SLS2009 SUPER MUSIC TIGERS
              0
                 3日間にわたって開催された「SWEET LOVE SHOWER 2009」。

                いよいよ大トリの「桑田佳祐 & SUPER MUSIC TIGERS」の登場です!


                そもそも“SUPER MUSIC TIGERS”って何?どんなバンド?

                あれ?いつもより楽器多くね?ドラム2セットって何!?

                と、舞台セッティング時からドキドキして待つこと数10分。

                いよいよメンバー登場です!


                第一の感想・・・

                メンバー多っ!!

                原さんも弘さんも、登場したの全然分かりませんでした。。

                東京スカパラダイスオーケストラの管楽器部隊もいたんですが・・ライブの途中まで全然気づきませんでした。

                メンバー見て真っ先に気づき、そして一気にテンション上がったのはベースの亀田誠治さん!

                亀田さんといえば、「東京事変」のベーシストとして有名ですし、

                ハラフウミの「夢を誓った木の下で」の編曲も担当していますよね。

                今まで数回桑田さんと共演してますが、

                いつか共演を生で観たいなぁと思っていたら、まさかこの日に実現するとは!!

                桑田さんが登場する前に、すでにテンション最高潮!


                そうこうして流れてくるイントロ・・・・・・


                って、メンバー登場だけで長文になってしまったので、いったんここで切ります。
                | 熊野ハセ | ライブ | comments(0) | - | - | - |
                SLS2009◆‖腑肇蝓ΑΑΔ料阿縫┘譽シ!!
                0
                   さてさて、今日からは“良い事”を書きます。

                  といっても大トリの桑田さんの話ではなく、

                  まずはエレファントカシマシの感想を書きます。

                  桑田さんの次というか、同じくらい楽しみにしてたのがエレカシでした。

                  そもそもエレカシを聴きだしたのは、今年の春。

                  お酒のCMで流れてきた「ハナウタ 〜遠い昔からの物語〜」を聴いてガツンとハマり、

                  そこから他の曲も某動画サイトでちょこちょこ聴きだしました。


                  そんなエレカシ。

                  登場とともに「桑田佳祐の前座です。イェイ、エブリバディ!」

                  まずはセットリスト。


                  M-1.今宵の月のように
                  M-2.悲しみの果て
                  M-3.風に吹かれて
                  M-4.笑顔の未来へ
                  M-5.ハナウタ~遠い昔からの物語~
                  M-6.俺たちの明日
                  M-7.ガストロンジャー


                  私みたいなにわかファンにとっては、

                  ほぼシングル曲というあり得ないほどの最強選曲。

                  全曲知ってて、ものすごい楽しめたし感動したし。

                  M-1、M-2、M-3のちょい昔の有名曲からM-4、M-6の最近の曲まで。

                  そして期待通り演奏してくれたM-5。

                  こんなにも歌とパフォーマンスに魂がこもってるバンドはいないと思います。

                  そして・・・M-5と同様に期待していた曲。。。


                  めちゃくちゃ嬉しかった!「ガストロンジャー」!!

                  「胸を張って!!」

                  拳を突き上げて、最高に気持ち良かった!!

                  にわかファンながら、これぞエレカシっていう演奏見れて幸せでした。

                  前の方のサザンファンは、若干引いてましたが(笑)

                  こういう曲をシングルで出すエレカシ、格好いいです!


                  今回、生のエレカシを観て、今度アルバムを借りまくる事が決定しました。

                  本当に最高のライブ、ありがとう!!
                  | 熊野ハセ | ライブ | comments(0) | - | - | - |
                  6/28 吉井和哉 TOUR 2009 宇宙一周旅行 at 大阪城ホール
                  0
                     今日で吉井さんのツアーもファイナル(8月には追加公演あるけど)。

                    ということで、私が参戦した6/28のライブのことを少しばかり書きます。

                    まずはセットリスト。


                      1. ノーパン
                      2. フロリダ
                      3. Biri
                      4. HOLD ME TIGHT
                      5. ウォーキングマン
                      6. ヘヴンリー
                      7. 20GO
                      8. 魔法使いジェニー
                      9. MUDDY WATER
                    10. ROCK STAR
                    11. SNOW
                    12. シュレッダー
                    13. ONEDAY
                    14. 恋の花
                    15. TALI
                    16. ルビー
                    17. トブヨウニ
                    18. ビルマニア

                    EN1. PHOENIX
                    EN2. FOR ME NOW
                    EN3. WEEKENDER
                    EN4. Shine and Eternity
                    EN5. またチャンダラ


                    吉井さんが「自分の音を見つけた」という最新作「VOLT」を引っさげてのツアー。

                    去年のライブよりも、ギターをガンガン弾いてるのがとにかく印象的でした。

                    いきなり1曲目が「ノーパン」、渋い、渋すぎる〜〜!

                    そこから怒濤の前半戦。

                    「フロリダ」と「ウォーキングマン」はアルバム「VOLT」の中でも特に好きな曲で、

                    前半から痺れまくり。

                    訃報の直後という事で、「HOLD ME TIGHT」では歌詞に“マイケルジャクソン”を入れるアドリブも。

                    しかも、どの曲だったか忘れたけど、ムーンウォークまで披露しれくれたし!

                    「20GO」では、改造ピカチュウ人形使って、かなり猟奇的演出。

                    会場からは「怖っ」って声も出てましたね〜。

                    「魔法使いジェニー」の「T・M・P」の掛け合いは最高!

                    イエモンの曲「ROCK STAR」も飛びだし、ここからは後半戦。

                    「恋の花」の原曲バージョンも聴けたし、シングルの中でも好きな「トブヨウニ」も聴けたし。

                    「ビルマニア」はCDで聴くよりもものすごい爆発力を持ってました。

                    こりゃあライブで盛り上がるわ!

                    さらにアンコール5曲!

                    そして何よりアリーナ7列目で観れたので、バンド全体を肉眼で楽しめるという迫力!


                    今回で吉井さんのライブ2回目ですが、吉井さんの曲はうまいこと出来てますね〜。

                    ライブでの“掛け合い”や“煽り”を意識してるのかどうか分かりませんが、

                    そういったライブを想定したようなアレンジが曲全体に散りばめられいます。

                    そりゃあ、会場全体の一体感もハンパないです!


                    サザンのライブは、現実的・リアルなステージであるのに対し、

                    吉井さんのライブは、擬似的・バーチャルなロックステージなのかなぁと勝手に思ってます。

                    ある意味、ROCK STARとしての「吉井和哉」を演じてる部分があるのかなぁと。

                    逆に桑田さん、そしてサザンのメンバーは“素”で演奏してるのかなぁと。

                    どっちがいいとか比較してるわけじゃなく、どっちもいいんです!

                    とりあえず、桑田佳祐×吉井和哉のコラボをいつか観てみたいものです。


                    以上、恐らくこのブログを読んでる人には吉井さんファンあまりいないと思いますが、

                    長々とお付き合いくださり、ありがとうございました。
                    | 熊野ハセ | ライブ | comments(0) | - | - | - |
                    「音楽寅さん」番組観覧の全貌(超ネタバレあり)
                    0

                       注:長いです。長いです。以下、とにかく長いです。

                       

                      そう・・・それは4月4日のお話お話。

                      まさかの300人限定・スタジオライブに観覧に行ってきたお話し。

                      そう・・・昨日初回放送を迎えた「桑田佳祐の音楽寅さん」の観覧に。

                       

                      夕方4時に「フジテレビ」に集合!!した後、

                      スタッフに連れられ、テレビでよく見るフジテレビのリハ室へ。

                      (よくかくし芸とかの練習してる、木目調の壁と鏡張りの壁に挟まれた部屋です)

                      ちなみに、社内に入る前はお客さん全員の身分証明を入念に行っていました。

                      去年のMラバの時とはエライ違いだ。。

                       

                      広いリハ室とはいえ、かなりぎゅうぎゅうに押し込まれた私達。

                      ほどなくすると、スタッフさんがやってきて軽い説明。

                      どうやら荷物や貴重品はリハ室で預かってくれるとのこと。

                      去年のMラバの時なんて、でかいダンボールに鞄やら手荷物を無理やり詰め込み、

                      それをスタッフが運ぶ時に底が抜けてめちゃくちゃ大変だったのに・・・。

                      さすがフジテレビ、儲かってるだけあります。

                       

                      その後、別のスタッフさんがやってきて、今回の収録の流れを説明。

                      なにやら我々観客が動きを間違うと、初めから収録し直しということで、

                      個人的にちょろっと緊張してしまいました。

                      そんな緊張の中、リハ室の端っこに目をやると、なにやら可愛らしいスタッフさんが。

                      さすがフジテレビ、いちいちスタッフまで可愛いなぁと思ってると、その方が説明する番に。

                      「アミューズのayaです」

                      !?

                      この人かぁ〜、あのayaさんって!

                      「みんなが好きです!」でお馴染みのayaさんって!

                      部屋中から「可愛い〜」という女性の声が・・確かに可愛かったです。

                       

                      その後、待つ事数十分でいったんスタジオ前まで連れて行かれたけど、

                      出演メンバーのリハが押してるからと再度リハ室へ。

                       

                      さらに待つ事数十分。

                      いよいよスタジオへ通されました。

                      スタジオ内は、まだ技術さんはじめスタッフさんが慌しく働いており、

                      その中我々観客は、またしてもぎゅうぎゅう詰めに。

                       

                      まずはお客さんたちのリハーサル。

                      BGMと共に、あの“遺影”の後ろに桑田さんの影が映り、

                      バサっと遺影セットが左右に割れたと同時に我々お客さんは歓声と共に前進する。

                      まぁ、言葉で書いても何のこっちゃ分からんと思いますが、

                      とりあえずこの入念にリハした部分は、昨日の放送ではカットされてました(笑)

                       

                      そして続いては・・・なんと・・・ゲネプロ・・・。

                      ゲネプロ!?

                      ゲネプロ=本番さながらの通しリハ。

                      そうなんです!なんと、ゲネプロと本番、計2回も桑田さんのライブを堪能できたんです!!!

                      何という幸せ。

                       

                      そしていよいよゲネプロ開始!


                      桑田さん、そしてメンバー共にラフな私服で登場!

                      セットが開かれると同時にライブもスタートです♪

                      昨日のOAを観た人ならお分かりでしょうが、

                      ライブは「ROCK'N ROLL」をテーマに進められました。

                      もちろん演奏・歌共に本番さながらの本気プレイ。

                      曲間には桑田さんの面白いMC。

                      そして、曲の入りを確認する桑田さんなど、普段なかなか見られない光景が盛りだくさん。

                      ってかそれ以前に、実は私の整理番号は39番。

                      前から3列目、ステージにむかってやや左側。

                      ・・・

                      人生で一番桑田さんに近づいたーーー!!!


                      歌ってる時の口周りの筋肉

                      額にあふれる汗

                      ギターを奏でる指1本1本の動き

                      そしてマイクを通さない生の声


                      もう、ここぞとばかりに見て聴いて参りました。

                      演奏はもちろん素晴らしかったのですが、

                      もう一個感動したのがカメラマン。

                      ものすごい動きです。

                      ステージにジャンプして上がり桑田さんを撮るや否や、

                      さっそうと後ろ向きでステージからジャンプして降りる。

                      あんな激しい動きでよくケガとかしなもんだ、と妙に感動してしまいました。

                      そんなこんなで熱狂のままにゲネプロ終了。

                      そう、これはまだゲネプロ。

                      あともう一回、この素晴らしいステージが見れるとは!!

                       

                      いったんスタジオ外の通路に戻り、セットの準備ができてから再度入場。

                      いよいよ本番。

                      ゲネプロの時は左側で桑田さん・片山さん・tatsuさんのプレイを中心に観たので、

                      本番は右側に陣取り、桑田さん・中さん・吉村さんを観る事に。

                      先に書いちゃいますが・・

                      この右側に陣取ったおかげで、昨日のOAにかなり映りました〜〜♪♪

                      一瞬横顔(手に隠れてたけど)アップになったし。

                      このアップを合わせて、昨日のOAでは

                      大:1
                      中:1
                      小:2

                      と4回くらい映っておりました。

                      この映像は家宝に致します♪


                      話しは戻って本番直前、ぎゅうぎゅうに詰められていると、

                      アミューズのayaさんの提案で、代通に載せる全体写真を撮る事に!

                      この写真にしてもそうだけど、アミューズのスタッフさんも大変です。

                      テレビ曲のスタッフじゃないのに、

                      我々観客を気遣う発言や、応援団のことを考えての注意喚起、

                      さらには直前の拍手の練習(桑田さんのマネージャーがやってました)など、

                      裏方での見事なチームプレイには、本当に関心させられました。

                      でも、このスタッフチームがいるからこそ桑田さんも信頼・安心して

                      自分の仕事が出来るのだなぁと思います。

                      ありがとう!チーム・サザン!!


                      と、また話しはそれてきたので、いよいよ本番の話し。

                      まぁ今だから言いますが、本番前、

                      番組スタッフ・我々観客・そして桑田さん・バンドメンバーも若干の不安があったのでは?

                      と言いますのも、今回の選曲は桑田さんの持ち歌ではなく、昔の洋楽。

                      もちろん知らない人も多いはず。

                      かく言う私も、はじめて聞いた曲がほとんど。

                      ノリが分からない・・

                      番組スタッフも本番直前に「ゲネプロの2倍は盛り上がっていきましょう!」と念を押し。

                      (個人的ですが)このような不安の中、ついに本番の幕がおりたのでした。


                      本番スタート!!

                      桑田さん・メンバーみんな、バッチリ衣装が決まってました。

                      そしてそして・・ゲネプロももちろん100点満点のステージだったのですよ!

                      ところが本番は・・・1000点満点!!

                      やっぱプロは違いますね〜。盛り上がり方・盛り上げ方が上手すぎです!!

                      先ほど書いた不安なんて吹っ飛ばし、お客さんも10倍以上は盛り上がってました!

                      そいえば昨日のOAでは曲・MCともに結構カットされてましたね〜。

                      「今日はミサイルは飛んできませんでした」など時事ネタやら、

                      お客さんの声いじりやら、MCも大爆笑だったのになぁ〜。

                      残念。


                      では、まずOAされた曲から。

                      「Blue Suede Shoes」/Elvis Presley
                      「Slow Down」/The Beatles
                      「Bring It On Home To Me」/Sam Cooke
                      「Johnny B.Goode」/ Chuck Berry


                      特に大のお気に入りは3曲目の「Bring It On Home To Me」

                      ゲネプロで初めてこの曲を聴いた瞬間から惚れこんでしまいました。

                      でもでも、実は本番でこの曲を歌う前、

                      「次の曲は放送しないかもしれないけど、Sam Cookeの曲です」と言ってたんです。

                      なんであんなにいい曲を!?と、その場では本当にショックでショックで。

                      もう必死で脳裏に焼き付けたわけですが、昨日無事にOAされてかなり嬉しかったです♪

                      最後の溜めて溜めて「Oh Oh」のところ、

                      「いとしのエリー」の溜めばりに鳥肌立ちました。

                      あの場の会場では、あの2秒程度の溜めがものすごく長く感じられて、

                      その後の「Oh Oh」の響きの神聖さといったらもう!

                      あのゾクゾク感だけはテレビでは伝えきれないでしょう!

                       

                      そんでもって「Johnny B.Goode」では、

                      「Go Johnny Go! Go!」って歌詞を「日テレGo!Go!」と変えて歌う桑田さん。

                      さすが茶目っ気バッチリですね!

                       

                      で、実際演奏したのはもちろんこの4曲だけではなかったわけで・・・他に覚えてるのは、

                      「Rock and Roll Music」/The Beatles

                      確か「Johnny B goode」の後、立て続けにに演奏され、

                      本番最後の曲はコレだったとおもうんだけどなぁ。

                      途中で銀テープ発射されるわ、銀紙が降ったりと、かなり盛り上がったんだけどなぁ。

                      ちなみにこの銀テープ、しっかり掴み取り家まで持ち帰りました。


                      他にも、

                      「Don't be cruel」/Elvis Presley

                      これは「Slow Down」と「Bring It On Home To Me」の間に演奏。

                      「Don't be cruel」の前後にもう1曲あったんですけどね〜。

                      メロディは覚えてるけど、タイトルもミュージシャンも覚えてないです。

                      確か桑田さん、この2曲ではアコースティックギターを弾いてました。

                      ギターを背中に回して踊る桑田さん、カッコ良かったのになぁ〜〜。

                      あと、バンドメンバーのソロ回しもあったのになぁ〜。

                      未公開部分をまとめて放送してくれーー!

                      勿体無さ過ぎます!!


                      あと注目すべきはバンドメンバー。

                      お初にお目にかかる方が2名も。

                      せっかくなのでここでメンバー紹介。

                      メンバーそれぞれのブログでも、音楽寅さんの日記も書いております。


                      「片山敦夫さん/キーボード」
                      http://blog.livedoor.jp/katayamaatsuo/

                      サザンファンならお馴染み片山さん。

                      今回は珍しく(?)、ハモリを練習したらしく、桑田さんにイジらておりました。


                      「中シゲヲさん/ギター」
                      http://ameblo.jp/surfdelic

                      ザ・サーフコースターズのギタリスト。

                      中さんも、斉藤さん&小倉さんと共にお馴染みですよね。


                      「tatsuさん/ベース」
                      http://la-ppisch.com/index.html(日記はなかったです)

                      LÄ-PPISCH(レピッシュ)というバンドのベーシストだそうです。

                      多分?桑田さんとは初共演??


                      「吉村由加さん/ドラム」
                      http://blog2.fc2.com/botanyuki/

                      こちらも桑田さんと初共演。

                      珍しく女性のドラマーです。

                      吉村さんの叩き方のノリと、本気で演奏を楽しんでる姿が凄い印象的でした。

                       

                      「Rock and Roll Music」を歌い上げ、

                      最後は恒例・メンバーそろっての万歳で締めくくります。

                      そう・・・この奇跡のような40分はあっという間に終わってしまったのです。

                      でもこんな間近で見れただけでも感謝せねば!

                      ありがとう!!桑田さん!!

                       


                      バンドメンバーをステージから降ろす桑田さん。

                      スタッフからアコースティックギターを受け取る桑田さん。

                       

                      そう、

                      本当の奇跡はここから始まるのでした・・・。

                      (以下、↓の続きを読むをご覧下さい)

                      続きを読む >>
                      | 熊野ハセ | ライブ | comments(4) | - | - | - |
                      23、24、25日
                      0
                        8月23日
                        まず茅ヶ崎&中華街。
                        清月とCHIYAMAに行ってはしゃいでおりました。
                        また曇り空の烏帽子岩を見てきました。
                        中華街はちょっと残念。

                        ライブは四日間中、唯一のアリーナ。
                        小雨降る中……弾盛。
                        毎回感動ポイントが違います。


                        8月24日
                        天吉で腹を満たし、いざ会場へ。

                        俺って、こんな号泣するのか。。。
                        サザンありがとー!
                        30周年おめでとうー!!


                        8月25日
                        今日は有休を取ったので、お休み。
                        でも、何かWOWOWの番組を観ようと気になれない。
                        旅の後始末も全然してないし・・・。
                        何となく、ポーっとしてます。
                        あ、でも、昨日のサプライズパネルは冷蔵庫にマグネットで飾りました。

                        明日以降、ボチボチ数回に分けて感想書きます。
                        だいぶ先になるかもですけど。

                        とりあえず今日は、なんもする気が起こりませんでした。

                        日記へは明日コメント返します。
                        すいません。
                        | 熊野ハセ | ライブ | comments(2) | - | - | - |