無料ブログ作成サービス JUGEM
訃報
0
     三沢が死んだ・・・

    「一番好きなプロレスラーは?」

    私は「三沢光晴」と答える。


    三沢選手はとにかく相手の技を受け切る選手だった。

    受け切って受け切って、相手の持ち味を出し切らせて、

    ダメージを負っても負っても、立ち続け、肩を上げ続け、そして最後には自分が勝つ!

    「受けの美学」を教えてくれたのが三沢選手だ。


    三沢選手は派手なマイクパフォーマンスをほとんどしなかった。

    「答えは試合で見せる」

    そんな職人的なところが大好きだった。


    ノアの試合を観に行くと、三沢選手が入場する時の盛り上がりは凄かった。

    割れんばかりの「三沢コール」。

    他の選手とは比べ物にならないオーラ。


    三沢選手の試合で一番印象に残ってるのは、確か2003年だったかの試合。

    「GHCヘビー級選手権 三沢光晴 VS 小橋健太」

    ビデオにとって、20回以上は観たと思う。

    観てて涙が出るほど感動できる試合は、この試合以外観たことがない。

    本物のプロレス・・個人的にこの試合が生涯ベスト1だと思う。

    この試合で三沢選手は負ける。

    でも三沢選手だからこそ、この試合が成立するのだと思う。


    三沢選手の代表技である「エメラルド・フロウジョン」。

    この技を初めてテレビで見た時の煌きは今でも覚えている。

    技を出すタイミング、見た目、威力、そしてネーミング、全てがカッコイイ。


    最近はプロレス自体、あまり観ていなかった。

    そしてもう三沢選手の試合は観れない。

    ご冥福をお祈りいたします。
    | 熊野ハセ | プロレス・格闘技 | comments(0) | - | - | - |
    筋肉修行
    0
      朝、登校する時に「新日本プロレス」の宣伝車が路駐してました。
      なぜ?
      今日は宮城じゃなくて青森で興行のはず。
      まさか道に迷ったとか・・・?

      プロレスつながりで、先日のGHC戦の話でも。
      昨日見ました、「秋山vs丸藤 GHCヘビー級選手権」
      秋山はヘビー(100キロ以上)だけど、丸藤はジュニア(100キロ以下)です。
      普通に考えたら秋山の圧勝なんだけど、何と何と丸藤が勝ったのです!
      はじめネットでこの記事を読んだ時には、ついにノアも世代交代かと思いました。
      が・・・試合を見たら「なーんだ」って感じです。
      私、個人的に「丸め込んで」の3カウントはあまり好きではないです。
      特にベルトを賭けた勝負では、「完全なフォール勝ち」をして欲しいです。
      つまり自分の決め技で、相手が身動き1つできなくなるまで攻めてからフォールして欲しいわけです。
      それでこそチャンピオン!
      だけど今回の試合は一瞬のスキをついての「丸め込み」
      確かに、秋山のエクスプロイダーもスターネスダストも丸藤は耐え抜きました。
      そこまでは、本当に最高の試合だったけど・・・最後で少し冷めましたかね。
      ジュニアの試合なら、「丸め込み」も許せるんだけどなぁ。
      やっぱりヘビー級には圧倒的な力と技を求めてしまいます。
      次の三沢戦(だよね、たぶん?)では、丸藤の「ヘビー級チャンピオン」としての闘いに期待したいです。
      でも、ジュニアがヘビー級チャンピオンになった事は凄い事ですけどね。
      今まで、こんな事あったのかなぁ?ないような気がしますけど・・・。

      最後に・・・
      なかやまきんに君がロスに筋肉留学するらしいです。
      しかも1年間も芸能活動を休業して。
      なんでも、筋肉を見つめ直すためには今の時期しかダメとか。
      改めて筋肉の世界は奥深いですね。
      | 熊野ハセ | プロレス・格闘技 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      何事じゃ!?
      0
        いやぁ、本当は研究室行って、すぐ帰る気だったんですよ。
        反応の様子見て、HPLCのリサイクルっぷりを見たらすぐに・・・。

        なぜスターラーが止まってるの?
        せっかく研究発表会用の反応だったのに・・・。
        なんでこんなタイミングで故障するかなぁ・・・。

        なぜHPLCのポンプが止まってるの?
        せっかく研究発表会用のサンプル分離中だったのに・・・。
        なんでこんなタイミングで故障するかなぁ・・・。

        そんなこんなで、反応仕掛けなおして、ポンプのメンテナンスをあれやこれやとしてら、2時間も経ってしまった。
        終わると外は雨降ってるし・・・。
        最悪な一日だったなぁ。

        話は変わってプロレスへ。
        見ました?昨日の「高山復帰戦」?
        高山・健介組 vs 三沢・秋山組ってカードの時点で凄い試合になるのは分かってたけど、
        何が凄いってこの時、健介は骨折していたまま試合に出てたらしいじゃないですか!
        7/2の対柴田戦で、眼窩底骨折してたところを強行出場・・・小橋の代わりに戦うために・・・(詳しくはコチラでも)。
        凄すぎる!これぞまさにプロレスラー!!
        他の格闘技の選手には真似できません、絶対に!

        それに引き換え新日本は・・・もうグダグダだなぁこりゃ。
        蝶野も永田も辞めかねないよ、このままいったら・・・。
        | 熊野ハセ | プロレス・格闘技 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        絶対王者は死なない!
        0
          最近のプロレス界の話題でも。

          ‐橋建太選手、右腎臓の腫瘍摘出手術のため入院(ノア)
          やはり、このニュースが一番の衝撃でした・・・。
          だって、あの絶対王者がですよ!?
          しかも、悪性の疑いがあるってことは腎臓癌ってことですよね??
          ただ、悪性かどうか、そして早期発見なのかどうかは摘出してみないと分からないそうで・・・。
          いや、絶対大丈夫!絶対に小橋選手は復活します!!
          ファンとしてはただただ信じて待つのみです。

          太陽ケア、3冠王者奪取(全日本)
          ついに小島が敗れました。
          なんか馬場さんの技で勝利を掴んだとかいう記事を読むと、ちょっと感動してしまいます。
          今でこそ小島&武藤は全日本所属ですが、まだ私の中では新日本でのイメージの方が強いので、やっとベルトが戻ってきたのかなぁと勝手に思ってます。
          そして何と次期挑戦者には川田利明を指名です。
          最近は「ハッスル」でしか見なくなってしまった川田選手ですが、やっぱり私としては川田にもう一度ベルトを巻いて欲しいです(ケアには悪いけど・・・)。
          ただ、次の勝者は別として、ケアがベルトを巻いているうちにハワイ興行は実現するのかな?

          レスナーvsサップ実現か?(新日本、というか猪木)
          話題性はありそうです。
          ただ新日本関連の話題性のある試合は、たいてい試合の中身が微妙なので、あんまり期待はしてないですけど(新日本ファンの方、すいません)。
          ってか、本当に実現するのかな?
          むしろ、今回の猪木の呼びかけに小川がどういう対応をとるのかの方が興味あります。

          ・・・と、非プロレスファンの方を無視した今回の日記、いかがでしたでしょうか?
          まぁ、たまにはこんなのも許して下さいまし。
          | 熊野ハセ | プロレス・格闘技 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
          どうなる新日本プロレス?
          0
            日曜日、外は快晴!
            そんな今日ですが、私は研究室で発表用のパワポを作っております。
            そろそろ飽きてきたんで、日記でも。

            今後の新日本プロレスは一体どうなってしまうのでしょう?
            さらに後藤達俊、ヒロ斎藤らが退団した時点で、退団者は12人。
            さらに名物リングアナである「ケロちゃん」も2月いっぱいで退社。
            さらにさらに選手からレフェリーへと転向したブラック・キャットさんが急死。
            新日信者ではなくなった私としても、この先どうなるかが心配です。
            今はレスナーやら曙やらでなんとか話題性には欠けていないものの、肝心の正選手がパッとしないこの現状・・・。
            いくらアントニオ猪木といえども、この状況を打破するのは難しいのでは?

            私が中学校、高校の頃の新日本プロレスは本当におもしろかった。
            全試合が見応えあったし、なんといっても選手に華というかオーラが漂っていた気がします。
            でも最近は・・・この前のドーム大会でも外敵に惨敗だったし、そもそも試合を見ていて興奮しません。
            昔の強さと華を兼ね備えた「闘魂プロレス」をもう一度見たいです。
            いや、きっと復活すると信じてますよ、私は・・・。
            | 熊野ハセ | プロレス・格闘技 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
            退団
            0
              最近風邪が流行ってますなぁ。私の研究室でも今日は3人休みで、学校来てた人の中でも風邪気味の人が多そうでした。勘弁してくれよ〜、どうかうつさないでくれ〜。就活真っ只中のこの時期、風邪をひいたらもうおしまいですからね。

              さてさて、今日はプロレスの話でも。新日本プロレスの吉江、長尾、安沢が退団しましたね。実は私、長尾と安沢のことあんまり知りません。顔さえ思いつきません。でも流石に吉江は知ってますよ。でも意外でしたね、吉江の退団は。この前の契約更改の時は、大筋合意とか書いてませんでしたっけ?しかも現時点でまだ蝶野、天山などなど主力選手がまだサインしてませんからね。これはひょっとして大量離脱もありえるのでは?
              退団したらみんなフリーになるのかな。フリーのプロレス選手っていろんなマットで試合できるというメリットがあるけど、どうなんでしょう?フリーで大成功してるのって天龍、高山、健介、鈴木みのるなど限られてますよね。どうせなら、ノアの時のように新しい団体を作ってしまうという手もありますが・・・。いろんな意味で今後の動向が楽しみです。
              | 熊野ハセ | プロレス・格闘技 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
              引退
              0
                あの永源遥が引退・・・

                ノアの最高齢選手、永源遥(60)が3月の試合で40年の現役生活にピリオドを打つことが決定しました。
                永源選手といえばあのピンクパンツと観客へのつば吐き攻撃で大人気の選手です。
                観客が新聞紙でつば吐きを防ぐ光景がもう見れないかと思うととっても残念です。
                やはり最後の試合は、永遠のライバル百田選手でしょうか。
                また1人、素晴らしいプロレス選手がリングを去ろうとしています・・・


                急に話は変わりますが、リンク追加です。
                小中高大と全て私と同じ学校に通う友人kitkatのブログMy Roomです。

                毎日更新&シンプルな作りになっていて、見応えバッチリですよ。
                | 熊野ハセ | プロレス・格闘技 | comments(9) | trackbacks(1) | - | - |
                黒パンツ
                0
                  今「ノア中継」を見ながら書いてるわけですが、久々に志賀をTVで見ました。復帰してたのは知ってたけど、ケガ前よりもゴツくなって帰ってきましたね。今後の活躍が楽しみですな。
                  でもってさらにノアネタ。1.22、なんと三沢vs健介が決定したようです。といってもタッグマッチですが。これは絶対見たい!去年の小橋vs健介も凄かったけど、三沢ファンの私としては、今回のカードの方がめちゃ楽しみです。やっぱ今年もノアは面白いなぁ。
                  | 熊野ハセ | プロレス・格闘技 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  豪華すぎでしょ!
                  0
                    新日本、全日本、ノア、ハッスルなどによる、夢の団体対抗戦が12月10日(土)・17日(土)の夜7時から、日本テレビ系列で放送予定らしいじゃないですか!主な参加選手をご紹介しましょう。

                    天山広吉、タイガーマスク、武藤敬司、川田利明、アン・ジョー司令長官、秋山 準、小橋建太、曙、佐々木健介、鈴木みのる、高山善廣、ヒクソン・グレイシー、長州小力、三沢光晴(イジリー岡田)、武藤敬司(神奈月)、アントニオ小猪木

                    なんだこの豪華メンバーは!!凄すぎますよ、コレ!でも・・・長州小力??そうなんです、実はプロレスで戦うんじゃなくて騎馬戦の団体対抗戦なんです。ちょっと残念な気もしますが、これを機に「真のプロレス団体対抗戦」を是非実現させて欲しいものです。それにしてもまさかヒクソン・グレイシーが出演するとは・・・。
                    | 熊野ハセ | プロレス・格闘技 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    新日本、どうなのよぉ?
                    0
                      なんと、あの長州力が3年5ヶ月ぶりに現場監督に復帰したらしい。
                      てか、長州って新日本を退団したんじゃなかったけ?また新日本所属になるのかな?
                      なんにせよ、天山や西村にとって面白くない話であることに変わらないでしょう。
                      サイモン社長曰く、「アレルギーもあるでしょうが、強い新日本を取り戻すため。立て直すにはものすごい毒が必要」らしいですが・・・。
                      猪木や藤波曰く、「若い者を怒鳴りつける、怖いおやじが必要なんだ。そのくらいの刺激がないと新日本は変わらない。」らしいですが・・・。
                      上の世代の人たちは何もわかっちゃいませんねぇ。新日本が低迷しているのはやっぱし「試合がつまらん」からなのです。
                      昨日の東京ドーム大会を見てもそのことはわかります。
                      メインのIWGPヘビー級試合。内容が蝶野VS藤田VSレスナーの3 WAY戦。もうこの時点でアウトです。
                      やっぱ1対1の熱い試合をやってこそ、ベルトを架けた命がけの試合というものです。
                      しかも試合時間がたったの8分。はぁ〜〜、こんなんじゃため息しか出ませんよね。そりゃ客も集まりませんよね。
                      だから、いくら長州が頑張っても選手が頑張らないと何も変わらないのです。
                      わかりましたか?サイモン社長さん?
                      | 熊野ハセ | プロレス・格闘技 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |